resorz
mission
社名の由来

「Resorz」(リソーズ)という会社名は、Resource(資源・手段・機転)と
「理想図」という二つの言葉を由来としています。

RESORZ

Resorzは持ちうる限りの「リソース」を最大限に活用し、
お客様の描く「理想図」に役立てること。
世界をキャンバスに私達の「理想図を描くこと」を使命しています。



企業理念

※存在目的・すべての根本の考え

図


日本に革新を起こす


普段あまり意識することはありませんが、人間の集合体である国家は生き物です。幼年期、青年期の国もあれば老年期の国もあります。その中で平均年齢46歳の日本は成長を終えた中年期にあたります。
おそらくこれからは高年期に入っていくでしょう。ネガティブな言われ方をすることもありますが、それは国家が生き物である以上避けられない事実です。
人間と同じく大事なのは、その中でどうあるべきか?ベストプラクティスを模索し実行することです。

日本は高度経済成長期を終えましたが、未だに右肩上がりの成長を期待する亡霊に取り憑かれ、過去の成功モデルに捉われたままです。

しかし今までのやり方では新しい「何か」は生まれません。
新しい「何か」が生まれなければ「次」も「成長」も生まれません。

日本に革新を起こし、次の芽を創る。
それがResorzの存在意義です。



日本の文化立国(世界における日本のプレゼンスを高める)


どんどんコストダウンする移動手段、
インターネットによる国家を越えた情報共有、
TPPをはじめとして国家間の取り組みは盛んになり、
言語の壁もそう遠くないミライに解決されるようになり
これから益々世界はフラットになっていきます。

その中で日本はどうプレゼンスを保っていくべきでしょうか?
それは当たり前のようですが、「日本人にしかできないこと」をすることに尽きます。
「日本人にしかできないこと」それはつまり広義の意味での文化です。

文化は一朝一夕に真似できるものではなく、文化はわたしたちが暮らしを営むその土地それぞれに固有に育まれた歴史の結晶であり、貴重な国民的財産です。

一度も滅ぼされたことのない世界的にも珍しい「古代国家」である日本は、ユニークで高度な文化を持ちます。

これからフラット化していく世界の中で高度な文化を持つ国としてブランディング=文化立国し、世界に日本にしかないの文化や精神を伝えていく。

それが21世紀の日本の役割です。



ビジョン

21世紀型の会社を追求


現在信じられている価値観や絶対的なモノも時代によって変わります。
その中で会社のあり方はどうでしょうか?
100年前、200年前は現在信じられている会社観は存在したのでしょうか?

真理のあるものは残し、不要なものは捨てる。
古い慣習にとらわれず、縛られず。
新しい会社のカタチを模索していきたい。

変化を恐れずにいいものはどんどん取り入れて行く。
生き残るのは最も強い会社ではない。
最も変化に強い会社だ。

目指すは変化に強く
正のスパイラルで回る21世紀の会社である。



ハイブリッドな日本人/日本企業を量産する


歴史を鑑みてもわかるように
日本に革新を起こすにはグローバル視点をもった日本人・日本企業をどれだけ創出出来るか?がポイントになります。
これからの日本を考えたとき。海外市場をマーケットとして捉える、あるいは海外の労働力を活用するというように「海外」という軸がポイントになるのは間違いありません。

一人でもひとつでも多くの日本企業が日本人が海外に出てグローバルな視点=日本と海外のハイブリッドな視点を持つこと。複眼をもつことがまず何よりも大事になります。

外から日本を見ることにより
日本の良い点・改善点を再認識することができます。
海外の学ぶべきところ、学んではいけない部分を認識できます。
そしてその先には日本人としてのアイデンティティーの模索、その先には日本愛が芽生えます。

ハイブリッドな日本人を量産するということは、すなわちどれだけ日本のことを考えられる日本人を量産するかということに繋がります。

一人でも一社でも多くの日本人・日本企業にハイブリッドになっていただく。
我々はその一助となる事業のみを手がけます。

pagetop